読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaede’s Technical Preview

About....Electric Works,DIY-PC,Programming, Arduino, And More...

カネはない。ネットワークの勉強はしたい。-OpenWrt-

Gadget TIps Custom and ReWork

学習にはカネがかかる

自分のネットワークに関する知識の無さに辟易として、ちゃんとしたネットワークの勉強をしようと思った。
ネットワークの勉強をするには、ちゃんとしたルーターが必要なのは理解できる。ただそんなものを買うお財布の余裕はない、と。
自らの業務範囲的にCisco製品は対象外。お布施高いのもあるんだけど。
そうするとYAMAHAとかを買うのが一番いいだろうと。実際問題、YAMAHAは業務でもちょいちょい触ってはいるんだけど、やはり自由に遊びながら使えるルーターはあってもいい。
RTX1200かRTX810の中古でも買おうかなとは思っているのだけど、如何せん先立つものがねえ、と。

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1200

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1200

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX810

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX810


なんかあった

と思いながら自宅をがさがさしていたら、使っていないルーターを発掘。
NetgearのWNDR4300。
・450Mbps 5GHz帯
・300Mbps 2.4GHz帯
・有線1Gbps x4
・USB対応
とまあそこそこ今でも使える性能なのですが、一昨年にファームウェアアップデートに失敗し、文鎮と化していた。
もったいないなとは思っていたので、今回はこいつで遊ぶことにする。


OpenWrtを突っ込む

ルーターなどに使われる、組込向け汎用Linuxディストリビューション
一般に販売されている家庭用ルーターでも大抵の場合は組み込み用Linuxが走っているのですが、こちらは有志により開発されているもの。所謂カスタムファームウェアと呼ばれる類のものです。


突っ込み方

ファームを落としてくる

リンク先よりダウンロードし、適当なところに展開する。
"C:\fw\"とかでいいんじゃないかね。デスクトップに展開しちゃうと、ディレクトリ深くてファイルパスを指定するのが面倒だし。
Netgear WNDR4300 [OpenWrt Wiki]
f:id:tam_sam:20160528192932p:plain
f:id:tam_sam:20160528192939p:plain
f:id:tam_sam:20160528192950p:plain


FFTPクライアントの準備

Windows標準のやつでいいと思う。
普通にインストールすると入ってないので注意。

[コントロールパネル]→[プログラムと機能]

f:id:tam_sam:20160528190757p:plain

[Windowsの機能の有効化と無効化]→[TFTPクライアント]

f:id:tam_sam:20160528190937p:plain

WNDR4300をリカバリモードに

ファームウェアを書き込むために、リカバリモードへ移行する。
焼いてしまうと元通りに戻すのが面倒なので、そこらへんは注意して。
裏面にResetピンがあるので、押しながら電源投入。
f:id:tam_sam:20160528191507j:plain
※リセットボタンが凹んでしまったので分解していますけど、本来は分解しなくてもOkay

ファームウェアを転送

OpenWRTのデフォルトIPアドレスは192.168.1.1なので、操作端末のIPアドレスを192.168.1.xに。接続するポートはWAN側の1番ポート。
FFTPクライアントで192.168.1.1を指定して、WNDR4300にファイルを転送。

Windowsコマンドプロンプトを起動して、

tftp -i "IPアドレス" put "イメージのパス"

f:id:tam_sam:20160528191555p:plain

しばし待つ

ファームウェアを転送すると、電源LEDが点滅します。
緑色の点灯になれば、ファームウェア書込が完了し、ブラウザからアクセスできるようになっています。

OpenWRTのスクショ

設定画面

設定に関しては個々の環境で違うと思いますので、
ほぼ初期状態のスクショだけ。

パスワードの設定

f:id:tam_sam:20160528192115p:plain

"Administration"画面

rootのパスワードやSSH設定など
f:id:tam_sam:20160528192307p:plain

"OverView"画面

現在のステータスなど
f:id:tam_sam:20160528192352p:plain

"Routes"画面

f:id:tam_sam:20160528192425p:plain

"Interfaces"設定画面

f:id:tam_sam:20160528192847p:plain

"Interfaces LAN"設定画面

f:id:tam_sam:20160528192747p:plain

"Interfaces WAN"設定画面

f:id:tam_sam:20160528192821p:plain



ところで

OfficeLensって便利

Microsoftが提供してる"OfficeLens"ってアプリが地味に便利でして。
こんな基板の写真も補正してくれるという。
シルクの確認なんかに便利かもしれない。
f:id:tam_sam:20160528193422j:plain

play.google.com

安くて高速なポータブルストレージが欲しい

DIY-PC Gadget

基本はクラウドストレージ

あまり自宅にいない生活をしているので、普段使うデータはできる限り持ち歩きたい。
だけどメディアを持ち歩くのは面倒。デスクトップとラップトップの同期作業なんてもっと面倒。

ということで、普段はクラウドストレージを使っています。
メインはDropboxとOneDrive、あとは自宅NASのReadyCloudを併用する形で。

しかしながらどうしてもポータブル版XAMPP環境を持ち歩く必要がありまして。
さすがにクラウド経由で同期するのは面倒だ、と。


安価で大容量なポータブルストレージはないものか

以前はSandiskのExtremeシリーズを持ち歩いていたのですが、画像素材などを含めると32GBの容量では少々不足気味。かといって大容量なのは高いしな…と思っていました。
SanDisk Extreme USB3.0 フラッシュメモリー 32GB (無期限保証)[国内正規品] SDCZ80-032G-J57


安価に大容量を求めるとすれば、2.5インチのSSDをポータブルケースに入れるのが一番お手頃ではあるのですが、これも普段持ち歩くには大きすぎる。
一時期はmSATASSDをケースに入れて持ち歩いていたのですが、ケーブルを忘れてしまうことが多いのに加えて、NUCにmSATASSDをとられてしまいまして。
f:id:tam_sam:20160405015428j:plain
ProjectM MSATA用高速USB3.0ケース ブラック PM-MSATAU3-BK




時代はM.2ですよね

mSATASSDをもう一つ買い足そうかと思ったのですが、意外と新品を買うと高い。というのも、小型SSDの主戦場がmSATAからM.2へ移行しているので、メーカーが生産していないことによって全体的な相場が上昇しているのでした。
ということなので、価格が下がってきたM.2のSSDを使って、ポータブルなストレージを作ってみることにしました。

用意した物

f:id:tam_sam:20160405015941j:plain

M.2用USB3.0 SSDケース

秋葉原をふらふらしていて見つけました。
こういう変な部品はやっぱり東映さんですねえ。

ノーブランド M.2 NGFF SSD USB 3.0 CASE
パソコンハウス東映 \2,980-

ハードディスクケース 2ページ目 - パソコンハウス東映 東映無線株式会社


同等品はAmazonなんかでも売ってます。
M.2 NGFF SATA SSD TO USB3.0 外付けケース ケーブル不要SOKET 2 B+M KEY SATA ec_onlineshop



M.2 SATA接続 SSD

別にメーカーにはあまりこだわりがないのですが、こういうSSDSamsungでいいかと。
恐らくは組込流れ品だと思われ、購入したときの使用時間は3時間程度でした。
どうせ使い潰す前提なので、新品じゃなくてもいいんです。

Samsung MZNTE128HMGR
じゃんぱら3号店 \4,280-

じゃんぱら-SAMSUNG MZNTE128HMGR 128GB/SSD/M.2 2280/SATA/6Gbpsの詳細

こっちもAmazonに同等品がありますね。
ADATA Premier Pro SSD SP900シリーズ 128GB M.2 Type2280 SATA 6Gb/s 3年保証 ASP900NS38-128GM-C



使ってみた感じ

安上がりな割には、満足感は高いです。
大容量USBメモリもずいぶん安くなりましたけど、安いやつってのは大概遅いので。

組込はとても簡単

差し込んでネジ止めるぐらいですしね。30秒で組込完了。
ドライバとかも自動であたるので(Win10環境では)、特に面倒なこともないですね。
f:id:tam_sam:20160405015910j:plain
f:id:tam_sam:20160405015917j:plain

よいところ

そこそこの速度が出る

さすがに最新のUSBメモリよりかは遅いですけど、当初の目的であるXAMPPを入れて持ち歩いて使うという用途では全く困らない速度。

CDMで計測してみると、このぐらいの速度は出てますね。
f:id:tam_sam:20160404135311p:plain

ローカルディスクとしてマウントされる

いろいろとほら。リムーバブルで認識されると不都合とかあるじゃないですか。

わるいところ

でかい

Extremeも大柄ですが、こっちはもっとでかい。
直接ラップトップにさすのを躊躇うレベル。
f:id:tam_sam:20160405015523j:plain

発熱が気になる

熱をどこかで測っておけばよかったのですが、触れると熱いな、ぐらいには発熱しますね。



時代遅れだけど

持ち歩くこと自体が時代遅れではあるのだけど、
こうやってお手軽に高速なポータブルストレージが手に入るのはすばらしいですね。
今はSSDの価格が急落してますし、500GBクラスのSSDを突っ込んで使うのもアリなんだと思います。
SD8SN8U-512G-1122 [X400 SSD(512GB M.2(2280) SATA6G 5年保証)]

"Ichigojam for x86" をChromeブラウザ上で動かす

Ichigojam OS Electoric Work DIY-PC TIps

"Ichigojam for x86"をChromeブラウザ上で動かす

Q:「なんでChromeなんかでわざわざ動かそうとしてるの?」
A:『キミは何事にも理由がないと、何もしない人なのかい?』


使ったもの

  • Windowsマシン(Windows10 Pro 64bit,Xeon E3-1241v3)
  • Chromeブラウザ(47.0.2526.106m (64bit)
  • PNaCL QEMU
  • "Ichigojam for x86" ver0.1 beta11

「PNaCL QEMU」とは?

chrome.google.com
idletime.s601.xrea.com

QEMUChrome版。PNaClによるサンドボックス仮想マシン
Chromeブラウザの中で仮想マシンが動作します。
Windows95Linuxがインストールして使えます。
性能が非常に遅いですが利用できるケースはあると思います。
Raspberry PiのエミュレータやSH4のDebianも動作します。

そもそも、なにゆえChromeブラウザ上で走らせようと思ったか、というと。
単純に、ChroniumOS上で使うことができたら、便利だなと思っただけ。



"Ichigojam for x86"とは?

「こどもパソコン Ichigojam」のIchigojam BASICを、x86上で動かすことができる素敵なもの。
福野さんという、鯖江の白馬の王子様的なイケてるメンズさんが作ってくれた、とてもすばらしいもの。

ichigojam.net
fukuno.jig.jp





動かし方

Step.1 ファイルを用意する

  • "Ichigojam for x86"はzipで配布されているので、解凍しておく。
  • "ichigojam-notimer.img"をコピーし、"fda"にリネームする。拡張子は不要です。

f:id:tam_sam:20160105010656p:plain

Step.2 "PNaCL QEMU"をChromeブラウザに追加

chrome.google.com

Step.3 "PNaCL QEMU"を起動し

f:id:tam_sam:20160105011044p:plain
f:id:tam_sam:20160105011050p:plain

Step.3

自分の使ってるマシンが32bitだったら→"i386"
自分の使ってるマシンが64bitだったら→"x86_64"
f:id:tam_sam:20160105011144p:plain

Step.4 仮想マシンの設定をする

パラメタを設定してあげる。
これは各自の環境によって違うかもしれない。


isoイメージからブートさせたい人は、bootとMediaをCD-ROMにして、
Step.1で用意するファイルは、isoイメージを"cdrom.iso"にリネーム。

machine default
cpu default
memory default
smp default
boot floppy
-no-acpi ■-no-acpi
Media floppy
keyboard default

f:id:tam_sam:20160105011311p:plain

Step.5

Step.1で作成したファイルを、画面内の灰色にD&Dする。
自分の使ってるマシンが32bitだったら→"HOST OS 32bit"
自分の使ってるマシンが64bitだったら→"HOST OS 64bit"

f:id:tam_sam:20160105011831p:plain

以上。

  • 福野様、とてもおもしろいものを作っていただき、ありがとうございました。
  • この手順は2016/01/06時点での手順です。変わる場合もあると思います。

"Ichigojam for x86" を Chrome上で動かそうとした

TIps OS Electoric Work

局所的に話題の"Ichigojam for x86"。
おもちゃとしては非常に楽しいですね。
なんせ、最新のマシンでBASIC遊びができるというね。

fukuno.jig.jp



ということで、ChroniumOS上で遊べたら、それこそ楽しいんだろうなぁと思いまして、試してみました。
使ったのは、「PNaCL QEMU」です。

chrome.google.com


www.youtube.com



撃沈


f:id:tam_sam:20160103233130p:plain


一番最初の文字が出てきたところから、動かない感じですね。
おそらくはシリアルポート絡みでトラブってる感じですね。
QEMUの勉強をして、出直します。


ブラウザ上でmemtestを走らせる意味などない
f:id:tam_sam:20160103233611p:plain